2008年09月18日

●セブン

今更、何を言ってんだというカンジですが、「セブン」を観たいと思っています。
ウルマンセブンでもなく、RX-7でもなく、ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンの出ているあの「セブン」です。
ずーっと観たいと思っているのですが、「キリスト教の7つの大罪を理解していないと、観ても面白くない」と言われ、そういうことなら、7つの大罪を理解してから観ようと思ってしまい、今に至っています。
7つの大罪というのは、傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲なんだそうですね。
だけど、これだと、ただ「知っている」というレベルであって「理解する」とは違うと思うんですよ。
だめだ・・・私はまだ、「セブン」を観るに値しない・・・

2008年05月27日

●映画館に行こうと思う

来月は、久しぶりに映画館に行って映画を観ようかなぁ・・・いや、映画館では映画を観る以外にすることというのはないんだろうけど。
昨今はDVD化も早いし、あのテ、このテで公開からちょっと待てば自宅で映画が観れるから、わざわざ映画館に足を運ぼうと思うのは、よほど好きな作品とか、興味をソソられる作品だと思うんだけどね、私にとってはそんな、ひじょーに興味をソソられる作品が来月、公開される。
三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」。
すごく観たい。
できれば公開初日に行きたい・・・と思ったけど、上映するシネコン、火曜日がレディースデイだから、公開日の次の火曜日に観に行こう。
うん、そうしよう。

2008年04月03日

●靖国

「靖国」という映画の上映をめぐって、あっちこっちゴタゴタしてるらしい。
内容はよくわからないが李纓という中国人の監督が撮った、靖国神社をテーマにしたドキュメンタリーのようです。
で、問題になってるのはオチが反日的であることと、日本の文化庁が製作にお金を出してることのようです。
ドイツとか他の国で上映するわけだし、なんってゆーか・・・臭い物に蓋っぽい気がするんだよね。
内容が反日的でも、それは李纓という中国人から見た靖国問題であって、人の意見は千差万別なのだから、ひとつの考え方として受け止めるのはアリだと思う。
その考えに、国民の意見をそっちのけで文化庁がすでに金、突っ込んでしまっているんだから、ガタガタ言ったところで仕方ないじゃない?
日本国民として、日本として金を出す価値があるか否かを見てから判断し、出す価値がないと思うなら、政府に責任もって回収なり、文化庁の担当責任者に補填してもらうなりって、ダメかな?
私は、アジア諸国の人の目に靖国神社や、靖国問題がどう映っているのかとても知りたい。
だって、首相が参拝すると大騒ぎになって、国家レベルで苦情がくるのよ?
靖国神社に首相が参拝すると、日本の軍事力が増強されるとか、実は靖国神社は時代のテクノロジーを駆使した防衛基地で、ミサイルとか飛んでくると、境内の狛犬から発射されるビームが、日本全土を覆いつくし、国土を守るとか、鳥居がセンサーになっていて、日本に向けて攻撃が加えられると、センサーが感知して、本殿から攻撃対象を日本ではなく、発信元に切り替える電波を発するとか、手水から流れる水を浴びるとスーパーサイヤ人になるとか・・・靖国神社って、そういうミラクルな場所だと思われてるような気がしてならない。
だって、もしも有事となった場合、靖国神社にどんな力があるというんです?
それより、核を保有してる国とか、徴兵制度のある国のほうが力があるというか、ぶっちゃけ怖いじゃん。
大半が軍事訓練なんぞ、マトモに受けたことのないイマドキの日本男子と、俳優だろうと容赦なく徴兵される国の男子、やりあったらどっちか勝つかなんて、ヒヲミルヨリアキラカだもの。
それでも恐れられる靖国神社・・・アジア諸国の目に映って、日本人に見えないものは何だろうね。

2007年10月13日

●奥歯に挟まったパイナップルのスジスジ

「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のエンディングがようやく観れました。
以前、ミッキー兄にDVDをもらったんだけど、青島君が逃げる犯人を走って追いかけて、犯人にレインボーブリッジの上で「お前らの組織は、橋一つ止められないのか!」って言われたところで、止まってしまうという、素敵なDVDだったため、その後がどうなったかわからない。
犯人は捕まえられたの?
すみれさんは助かったの?
忘れてたけど、岡村扮する吸血鬼は捕まったの?
署長のラヴメール事件はどうなったの?
「レインボーブリッジ、封鎖できません」、「事件は会議室で起きてるのよ?」と並ぶ、「湾岸書は血液を求めてます!」はどこで言うの?
奥歯にパイナップルのスジシジは挟まった気持ちが、やっと解消しました。
かれん的に一番好きなのは、オープニングのSATvsお台場の月だよね。
「捕獲」とか「死亡」とか張り紙しちゃうとこは爆笑。
あとね、和久さんの「犯人に共感しちまう人質もいるんだ」がカッコいい。
ときどき、湾岸署の面々、室井さん、SATの草壁隊長、すし屋のオヤジさん・・・今、どうしてるのかな?と架空の人々なのに、どうしても気になってしまう作品だなぁ。

2007年10月12日

●深夜も踊れ

「踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!」を観たら、やっぱり、「深夜も踊る大捜査線 湾岸署史上最悪の3人!」を一緒に観ないとダメだと思うんですよ。
夜中の2時くらいとかでいいから、同じ日にOAしてほしい。

2007年09月21日

●教えてシナモン

シナモンが「HERO」を観に行ったらしいんだよね。
時間とお金を秤にかけて、シナモンに結末を聞いたんだけど、教えてくれません。
「観に行きなよぉ」と悪戯な笑みを浮かべるだけです。
どんなに頭を下げてもダメでした。
シナモンのケチ。

2007年07月21日

●ハリーポッター最終章

ハリーポッターの最終章が、世界各国で発売になった。
結末をめぐって、いろんな憶測が飛び交い、情報が漏れたとかって問題が起きたり、ファンがシリーズ存続をめぐって嘆願書を書いたり・・・この本をめぐって、いろんなニュースがありました。
世界各国の発売日の様子をニュースで見ていたら、何かに似てる気がした。
こんな光景、何かで見たことがある気がする。
ああ・・・あれだ・・・ヴォジョレーヌーボーの解禁。

2007年01月20日

●ふぞろいなキャスト

年末、私や私の周りに笑いを振りまいた暴露・・・いや自叙伝「ふぞろいな秘密」が映画化されるらしい。
「本人出演とかあったら面白いのにね」
「無理でしょ・・・さんまはぜひ、ぜんじろうに演ってほしいね」
「玉置浩二はセニョール玉置だよね」
「ヒロミゴーは我修院達也がいい」
映画のキャストの話だか、そっくりさん大賞の話だかわかんなくなってきてるときに、ひとりがボソリと言った。
「ナレーションは森本レオがいいなぁ・・・きかんしゃトーマス風にさ・・・」
吹きました。
そんな映画「ふぞろいな秘密」をぜひ、見たい。