« 万感の思いを込めて | メイン | ろくぶて »

2008年12月07日

●焚き火

殿方どもとママん家と私の家の周りの、枯れ草や枯れ葉を集めて、実家の畑で焚き火をしました。
もちろん、サツマイモも投入しました。
ママはサツマイモとかカボチャを食べるとムネヤケを起こす、カワイソウな体質なので、マシュマロも用意して、焼きマシュマロ。
初めて食べたんだけど、こんなに美味しいものだとは思わなかった。
「焼きマシュマロっていったら、スタンドバイミーだよね」
殿方は、スタンドバイミーで焼きマシュマロを食べるシーンが直結するらしい。
私はといえば・・・・
焼きマシュマロといえば、アメリカンな焚き火の食べ物。
アメリカンといえば、少年Aちゃま。
そう思ったら、ここに、この場に、少年Aちゃまが居てくれたら、きっともっと、焼きマシュマロが美味しくなる気がした。
「なんか、すげー、少年Aちゃまとこれ、食べたい・・・」
「あー・・・あいつ、きっと「懐かしい」とか言うんじゃね?」
「きっと、留学中に食ってただろうね」
そう思ったら、無性に少年Aちゃまの声が聞きたくなって、TELしてしまった。
・・・仕事中だったらしい・・・申し訳ない・・・
そういうわけだから、少年Aちゃま、今度、一緒に焼きマシュマロしよう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/1387

コメント

ご想像通り、焼きマシュマロはBBQするたびにデザートで食ってましたwwwwww

「死体を…」のインパクトが強すぎて、元ネタがスタンドバイミーだなんてわからず「Σうぇwwwwwwちょかれん何事wwwwwwww」と仕事中に本気で驚いた俺…(;´Д⊂ヽ

…写真が小さくて、「外ではんぺん食べてる?」とかボケたことを考えたとこっそりカムアウトw

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)