« 兵どもが夢の跡 | メイン | アノ声 »

2008年06月20日

●郵便事故

郵便事故、初体験です。
先週末、殿方と一緒にママんとこに行ったんだけど、その時、ママが殿方へのお土産にと舞鶴で買ってきた日本酒を飲んだのね。
・・・最近、殿方はすっかりママの晩酌相手と化しているのだ・・・
で、お猪口1杯くらい飲んで、残りは持って帰るハズだったのに、殿方ってば日本酒はもちろん、荷物を忘れて帰ってしまった。
他の荷物はともかく、日本酒だけは送ってくれということで、ゆうパックで発送したのね。
ゆうパックにした理由は、「歩いていける距離」の場所から発送できたから・・・クロネコはちょっと遠かったのね。
配達時間を夜間に指定して、殿方には配達予定日には残業も、寄り道もせずに帰宅してもらっていたのに、荷物は届かず、荷物追跡をしたら「不在のため、持ち帰り」になっているけど不在連絡票もなく。
翌日、取り扱い支店にTELしたら、窓口だの、配達担当のオバちゃんだのをたらい回しにされたんだけど、責任のなすり合いと、言い訳のオンパレードで、何がしたいのか、何が言いたいのかよくわらない対応をされた。
こちらとしては、ナゼ荷物が届かなかったのか、そして、荷物をいつ届けてくれるのか、そこをまずハッキリしてほしいのだけれど、そこらへん、ウヤムヤなまま時間だけが過ぎてゆき、おそらくクソ暑くなっていたであろう集配所で日本酒は本来の味を損なっていったと思われます。
そして、荷物発送から5日、取り扱い支店の係長代理なる人物と、集配のおばちゃんが、殿方宅へ粗品を持ってお詫びに訪れたようですが、それだって、担当者だという人がTELでお詫びで済ませようとしてるから「一般企業なら、荷物が届かず、中身がダメんなったなら、支店の責任者がお宅までお詫びに行くもんだろ」と言って、やっと来たんだけどね。
今後、埼玉エリアへの荷物の発送は、クロネコに限定することにします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/1258

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)