« 退路を断つ | メイン | サヨナラニッポン »

2007年11月27日

●朝起きたらずき子だった

朝起きたら第14弾のテーマはずき子です。
「朝起きるとずき子になっていました・・・どうする?」
若い娘っ子を見つけて、命の源・若さのエキスを吸い尽くす
「とりあえず外に出てみることにしました・・・どんな格好をする?」
和服・・・ずき子と言えばコレですよ。
「ずき子のお母さんが向こうからやってきました・・・どうする?」
親と言えども、年齢差のある女同士。
若さを吸われないように警戒いる。
「家に帰るとお風呂に入る時間のようです・・・どうする?」
若さを吸い尽くす妖怪に風呂は必要ない。
「ずき子の日記帳を発見・・・読む?」
若さのエキスを吸い続ける戦歴を確認する。
「ずき子のケータイを発見・・・どこまで見る?」
電波状態が悪く、使えないらしいので無視。
「ずき子の友達からメールが・・・あなたのライバルのようです・・・どうする?」
これもやっぱり、大人にーちゃんなので、次回W杯への意気込みを文字制限いっぱいまでの長文メール・・・しかも全52話にして送り続ける。
「ずき子へ一言。」
ジャニ党として、一緒にコンに行きたいよね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/1114

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)