« うずいちゃった | メイン | 風呂共同 »

2007年09月15日

●今頃

一日中、外に居た。
天気が良かったので、木陰に入ろうものなら、空から毛虫が降ってくるという状況で、日向に居るしかなかった。
3時間くらい経過したところで、なーんだか顔がカサカサするのを感じた。
「あれ?何だろう?」
そのうち、一緒に居たしるとか、シナモンとかが笑い出した。
「え?なになに?」
「かれんちゃん、首んとこ・・・」
「赤くなってるよ」
鏡を見ると、Tシャツの首まわりのラインにそってキッチリと、真っ赤になっていた。
触れてみると、少し、熱を帯びた肌・・・日焼けというやつです。
みんな平気なのに、なぜ私だけ?
しかも、夏も終わった今頃。
夕方になると、日焼けしたとこが痛痒くなって、ジタバタしたいカンジだった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/1050

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)