« 植物の力 | メイン | 飲んだら乗るなホトトギス »

2007年07月26日

●どんだけぇ

顔見知りというか、友達の友達程度の関係で、挨拶くらいしかしたことがない女性がですね、同席した場で「どんだけぇ」と叫んだんです。
その女性は、とても綺麗な人なんです。
冗談ヌキに、ハッキリした二重で、鼻筋も通っていて、とても整った造形の顔立ち。
スタイルもメチャメチャいい。
いつもバッチリメイクをしています。
いろいろな場所で何度か同席することがありましたが、いつもその女性を見ると、「素敵な人だな」としばし眺めてしまいます。
その女性がですね、「どんだけぇ」。
ごめん、無理。
この女性がそれを言うと、どうして似合ってしまうんです。
いや、生まれたときからずっと、生物学上女性なんですよ。
要するに、本格的な美人顔なんです。
故に・・・やべぇ、似合いすぎ・・・でも言えねぇ・・・そんなに親しいわけじゃないし・・・
ちなみに、しると私が1セットだと、オネエマンに見えるようです・・・でも単体だと見えないらしい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/579

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)