« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月30日

●くまの飼い方

殿方3名を引き連れて、ママんとこで酒盛り。
九州の美味しい焼酎が手に入ったのでと、殿方がママに持ってきてくれました。
お酒大好きなママは大喜び・・・というか、話を聞いた段階でメチャメチャ楽しみにしていたご様子。
下戸の私にはわからないお酒談義をしながら、ママと殿方たち・・・そうなんです。
私は運転手のため、飲めない、飲ませてもらえないのです。
「あー、これならかれんちゃんでも飲めるかもね」などと、勝手なことを言いやがって・・・でも、みんな楽しそうなので、良しとしよう。
みんなアルコールがイイカンジで回り、ママもウタタネを始めた頃、殿方が1名、御手洗に行ったきり戻ってこない。
そのうち、御手洗の方から「うお~」という雄叫びが・・・・
「・・・かれんちゃん、何か・・・飼ってる?」
「・・・えっと・・・くまを・・・1匹・・・」
その後、くまを回収して車に乗せるまで2時間を要した。
もちろん、ペットボトルにお水とコンビニ袋を数枚用意して。
教訓。
くまに飲ませ過ぎてはイケナイ。

2007年06月29日

●うしをたべたい

牛が食べたくなり、飛騨高山まで車飛ばしてきました。
天気はアイニクの雨。
高山に行くといつも使う駐車場に車を停めて、雨の中を散策。
私のお気に入りの製造元から、紫のさるぼぼが発売されていたので、早速ご購入。
こだわるのには理由がある。
製造元によっては、後頭部が絶壁だったりして可愛くないんだもん。
みたらし団子を食べたり、私の高山でイチオシのお店・・・高山で一番小さいさるぼぼが買える・・・みかん堂で、友達におみやげ買ってから、いよいよ牛。
・・・飛騨牛・・・美味いっす・・・
それ以上、言うことはない。
何度も高山に来てるのに、初めて陣屋を観ました・・・しかも、トリビアな解説付き。
3時くらいには帰路につき、最後のシメに平湯で「はんたい玉子」なるものを購入。
黄身が固くて、白身がとろ~りなのだ。
運転しながらじゃ食べられないので、晩御飯の1品として白だしと万能ねぎで食べたら美味しかったです。
奈川渡ダムあたりで、助手席が陥落・・・
「ってゆーか、私も眠いんだよ」という叫びはすでに届かず。
お昼に贅沢しちゃったので、スーパーでオージービーフを買って、朴葉味噌で焼いて晩御飯。
「・・・飛騨牛・・・美味しかったよね・・・これ、飛騨牛ならもっと美味しかったよね・・・」
文句を言いつつ、ご飯をおかわりしてしまった。

2007年06月28日

●死刑について私論

死刑の有無について考えたとき、一概に死刑がアリとは言い難いけれど、現行法で死刑の次の無期懲役は「終身刑ではなく、刑期を決めていない懲役」である以上、死刑はアリだというのが私の考えです・・・だから、じゃあ、もし日本にも無期懲役があったらどうかというと、一概に死刑はアリとは言い難いわけですが、被害者遺族である本村洋さんの会見での「彼は悔い改めて自ら犯した罪を反省して納得して、胸を張って死刑を受け入れることに私は意味があると思っています。」という言葉を聞いて、こういう死刑はアリだと思いました。
福田孝行被告が犯行当時未成年だったことや、長い年月をかけて裁判をし、その挙句に大事な裁判の場を死刑廃止論者に利用され・・・そんな状況でも、きちんと自分の考えと根拠を語る本村さんの言葉には説得力があると思います。
それと比べると、21人の大弁護団のやり方は、スーパーでお菓子を買ってほしいと寝転んで駄々をこねてる子供のように見えた。
そもそも「死刑廃止論」とか唱える前に、「死刑判決の出るような事件の起きない社会作り」って運動をするほうが先なんじゃないかと思うんですよね・・・。

2007年06月27日

●罰金

あん・・・捕まっちゃった・・・。
しかも、顔見知りのお巡りさんでした。
「ごめんね、でも見逃すわけにはいかないから・・・」
ごもっともです。
罰金です。
今年は免許書き換えですが、また青い免許証です。

2007年06月26日

●プロパガンダな法廷

光市母子殺人事件の福田孝行被告と安田好弘弁護士率いる21人の弁護団って、あれはなに?
えっと・・・もうね、言いたいことがあり過ぎて、何から言ったらいいかわかりません。
福田孝行被告についても言いたいことがありますか、とりあえず本日は21人の愉快な弁護団に焦点を絞ってみましょうか?
情報番組でチラっと見たのですが、この21人の弁護士はみなさん、死刑反対という考えをお持ちだとか。
で、彼らが今回の弁護に名乗り出た意図としては、昨今の犯罪はもちろん少年犯罪の凶悪化、コンクリ殺人の神作や、大阪姉妹殺害の山地のような未成年時に殺人を犯した者の再犯などで、裁判においての刑罰が重くなる傾向にあることに歯止めをかけたいということらしい・・・21人の弁護団に参加している弁護士を知る人がマスコミにそう語っていた。
「犯罪者の人権」にウェイトを置くことも弁護士としては必要ではあるが、その主張を法廷に持ち込むのはいかがなものだろう?
自分たちの主張のために、実際の裁判を利用しているように見えるのは私だけだろうか?
例えば、普段からA君をいじめていたB君が、いつものごとくA君をいじめて突き飛ばしたら、A君の打ち所が悪くて死んでしまった場合でも、いつものようにB君にからまれたA君が、逃げようとB君を突き飛ばしたら、B君の打ち所が悪くて死んでしまった場合でも、殺意はないわけで両方とも「過失致死」になるのだろう。
しかしながら、情状酌量の余地となると、A君とB君では大きく違ってくる。
言葉にしてしまえば同じ「過失致死」でも、そこまでのプロセスを整理し、最終的に刑罰を判断する裁判官により妥当な刑罰を判断するための材料を提供するのが、日本における刑事裁判の弁護士であってほしい。
福田被告と安田弁護士たちの利害が一致し、被告人質問において今回、報道されているような、ムチャクチャな話を並べて容疑を否認しているなら、福田被告に更正の期待なんかできないじゃない。
法廷という場をプロパガンダに用いているような弁護団に名を連ねた21人は、今すぐに弁護士バッジを外してほしい。
弁護士バッジは、正義の象徴の花であるひまわりに、中央には「公平」を意味する天秤があしらわれているなのだから。

2007年06月25日

●せんじょう

「線状のメリークリスマス」・・・細くて長いのぉ。
「煽情のピアニスト」・・・ムーディー?
「戦場ウエディング」・・・スリル満点。
「洗浄パーティー」・・・皿洗い大会。
漢字が違うと、中身もずいぶん違ってくるんだろうね。

2007年06月24日

●アヤシゲな家電

久しぶりに高校んときのA先輩がTELをくれた。
勤務部署が代わり、企画や広報の仕事をしているとのことだった。
「今月のK誌のウチの特集の写真、俺が撮ったやつなんだよ・・・最近はそんなことまでやってるよ」
「あー、でも私、先輩の写真、好きだよ・・・ところで、カメラは当然、EOSPNだよね?」
そう、EPSONには私たちの仲間が複数、勤務している上に、そのうちのひとりはデジカメの開発に携わっているのだ。
「え?Nikonだけど・・・」
「なにぃ?先輩としてそういう態度でいいの?今すぐ、NとTとついでにK先輩の旦那様に謝れ。」
「あ・・・・えっと・・・間違えた、EPSONだよ・・・EPSONのNikonってカメラ・・・うん、EPSONのNikon。」
EPSONのNikonのカメラだ、EPSONのcanonのプリンタだとか、EPSONのSONYのテレビだとか、私の仲間内では、最近、アヤシゲな電化製品があふれている。
ちなみに私はEPSONのiPodを愛用している。

2007年06月23日

●まっちゃいろ

「まっちゃいろ」と文字だけで見た場合、人によっては緑色のほうを想像するだろうし、また人によっては茶色のほうを想像する。
これがいわゆる「同音異義語」である。
それでも「橋」と「箸」と「端」や、「雨」と「飴」の場合などは、解釈を間違っても話しの流れで「あ、こっちだったのね」と途中で軌道修正ができるように思う。
だけど、「抹茶色」と「真っ茶色」だと、誤解が生じて気づきにくい気がする。
「司が髪をまっちゃいろにした」
普通は茶髪を想像するが、FC岐阜をこよなく愛する司の場合、チームカラーの緑はありえない話ではないのだ。
・・・まあ、最初から、漢字を使えばいいだけの話なんだけどね・・・

2007年06月22日

●強制参加

最近、地区の役員をやっている某友人の陰謀で、地域の行事に参加させられている綾小路でございます。
今回は「玄蕃まつり」というのに参加させられます・・・ってゆーかさ、概要のプリントを見たら既に「飲み物係」んとこに「綾小路」とか書いてあるんですよ、有無言わさず。
「えっと・・・私、参加・・・するの?」
「来なくてもいいけど、そしたら飲み物係がHさんひとりになるよ」
・・・日頃、何かとお世話になっているHさん・・・
・・・「行かない」と言えば、Hさんは「うん、いいよ」と快く許してくれるだろう・・・
・・・それだけに言えねぇ・・・
「うっ・・・やるよ、やりますよ、やらせてくださいよ、飲み物係」
「玄蕃まつり」は、玄蕃の丞伝説にちなみ、狐をモチーフに、広く市民に愛され受け継がれ今年で32回を迎えます(公式サイトより)・・・地元出身者じゃないので、私にもよくわかりませんが、連と呼ばれるグループ単位で参加して、指定のルートをひたすら踊り歩くというお祭りで、飲み物係は連の最後尾から、ビールだ、ジュースだのをカートに載せて、休憩タイムに連のみんなに配るのがお仕事です。
まぁ、お祭り好きだからいっか・・・某友人の策に乗せられてやることにします。

2007年06月20日

●病床でフト思ったこと

喉がかわいて水を飲みに階下へ降りると、TVでマスターカードのCMをやっていた・・・前にもネタにした大竹しのぶの「趣味悪ぅ」のやつ。
娘の「お父さんみたいな人」という言葉の後、お父さんの映像が入り、そして再び母娘に映像が戻り「趣味悪ぅ」という展開なのですが、1日中ベッドの中にいると、どうもタイクツで、あー、動画の編集ソフトがあったら、あのお父さんの映像んとこに「明石家さんまのモノマネをする原口あきまさの動画」をブチ込んでみたいなぁ・・・などと思ってみたり。
あのCMとしては娘に「お父さんみたいな人」と言われて、母親が「自分の夫」を思い浮かべるって意味なんだろうけど、ふつーに考えたら、娘の彼氏がどんな人かという話をしているなら「みたいな別な人」をイメージするのではなかろうか?と。
で、ずばり「明石家さんまのモノマネをする原口あきまさ」。
やべー・・・それ作ってみたい・・・でも、めんどくさいので誰か作ってください。

2007年06月19日

●りんご病

私、「りんご病」という病を患ってしまいました。
成人がかかることは少ないらしいのですが、成人がかかるとお子様よりも厄介で、関節痛、発熱、浮腫み、発疹などの症状で、ひどいと1ヶ月とか長引く人もいるそうです。
まさに「りんご」の銘を冠するに値する厄介な病である。
かくいう私も、自覚症状とも言うべき関節痛が、2週間続いている・・・熱も何度か39度台まで上がったりとかしてるわけでして、健康のありがたみを実感しつつ、ひたすらベッドの上で毎日を過ごしております。
とりあえず、なんだか、生肉が食べたい。
肉を食わせてください。

2007年06月18日

●朝起きたら大人にーちゃんだったバトン

朝起きたら第9弾のテーマは大人にーちゃんです。
「朝起きると大人にーちゃんになっていました・・・どうする?」
鏡の前で頭皮のチェック、抜け毛のチェックをする。
「とりあえず外に出てみることにしました・・・どんな格好をする?」
もちろんチョイ悪オヤジ・・・あるいはアルゼンチンのユニフォーム。
「大人にーちゃんのお母さんが向こうからやってきました・・・どうする?」
日頃の親不孝を丁重に詫びておく。
「家に帰るとお風呂に入る時間のようです・・・どうする?」
体は洗うけど、頭は抜けると怖いので洗わない。
「大人にーちゃんの日記帳を発見・・・読む?」
イングランドサポの日記なんぞ興味はない。
「大人にーちゃんのケータイを発見・・・どこまで見る?」
イングランドサポのケータイなんぞ興味はない。
「大人にーちゃんの友達からメールが・・・あなたのライバルのようです・・・どうする?」
大人にーちゃんの友達で私のライバル・・・つまり、イングランドサポ・・・罵詈雑言を送信。
「大人にーちゃんへ一言。」
次は決勝で戦おうね。

2007年06月17日

●年内完成予定

司君、お誕生日おめでとう。
今年はみんなで、サッカーボールに寄せ書きをしてプレゼントする予定。
でもね、「寄せ書きをする」ということは「サッカーボールに直接書く」ということであり、「サッカーボールに書く機会」を作らなくてはいけません。
だから、プレゼントはもう少し待ってください。
一応、年内には完成の予定です。

2007年06月14日

●逃

一番聞かれたくないことを、一番聞かれたくないヤツに聞かれてしまった。
綾乃さんが「逆襲のシャアのクライマックスってなんだっけ?」とか聞くから悪いんだ。
くぅ・・・ただでさえ「破れ奉行」でいぢめられてるというのに、更にいぢめられるネタを増やしてしまった・・・しばらく身を隠そうかな・・・。

2007年06月13日

●叩っ斬ってやる

私はご幼少の頃「破れ奉行」という時代劇がオキニイリで、それもクライマックスに船で出てくるトコだけが見たかったらしく、OA時に家族で出かけるのもシブったそうで、そのためにママはクライマックスシーンだけビデオに録画予約をしてのお出かけを余儀なくされていたそうです。
そんな本人も忘れかけていたような、記憶の片隅にあった思い出を語っただけなのに、なんでそんなに「破れ奉行」とかゆって盛り上がってんのよ。
DVD化とか嘆願しないでよ。
ケーブルTVのOAとか調べなくていいから。
てめーら、叩っ斬ってやるってカンジ。

2007年06月12日

●無意味なエロス

ときどき思うのですが、ハーゲンダッツのCMって妙にエロいときがありませんか?
インパクトはあるし、印象にも残るから、CMとしては正しいのだと思うのですが、あのCMの醸し出す、無意味なエロスと商品、あるいは企業とのイメージには関連性があるのだろうか?
「子供にはわからん味」という意味なのだろうか?

2007年06月10日

●水菜収穫

GWにプランターに種を蒔いた・・・正確には蒔いてもらった・・・水菜がワサワサ育ってきたので、ウレシタノシの収穫。
今夜は水菜のサラダにするぞ。
園芸ハサミを片手に、ハリキって収穫していた私を悲劇が襲う。
ナメクジ。
ムカデ。
イモ虫。
わけのわかんないヘンな虫。
ウレシタノシの収穫が、涙に変わった。
・・・怖い・・・水菜のプランターが怖い・・・

2007年06月09日

●満漢全席

満漢全席・・・マンハンチュエンシーと読むらしい。
殿方からのTELを取り損ね、5分後くらいにコールバック。
何だか様子がおかしい。
女の直感がそう言ってる。
妙に優しい口調の割りに、心ここにあらずなカンジ。
「どうしたの?なんだかヘンだよ?」
「そんなことないよ、パンヤなんかしてないよ。」
何も聞いていないのにゲロしやがった。
・・・そうかパンヤか・・・ハンゲパンヤか・・・ほぉ・・・
「で、何ホール?」
「まだ挨拶したとこ」
パンヤじゃないんだよね?」
「もちろんだよ」
「コースは?」
「・・・ま・・・・満漢全席・・・」
面白かったので許してやろう。

2007年06月08日

●コメント編集のお知らせ

基本的にブログにつけられたコメントについて、管理者であれでも修正を加えることはしてはイケナイと思っています。
思ってますが、今回に限り、修正させていただきました。
私のカキコした日記についてご本人らしき方がコメントを付けてました。
別にそれはどうでもいいんですけどね、ご本人かどうかを知る術も、知る気もないけどね、カキコした方はご丁寧に「山崎愛美」、「彼氏」というキーワードで検索してるわけよ。
で、なーんかご丁寧にリンクも貼り付けてました。
そんなわけで、このリンクを削除させていただきました。
まず、ご本人でない方がご本人を語ってた場合、ネットの匿名性を利用して他人の名を語ってモノを言うという行為が許し難いわけで、ましてやカキコした名義の方とおぼしきサイトへ飛ぶなんてことはどうかと思いますので。
次に、ご本人だった場合ですが、これはもうお話になりません。
そのサイトは商用サイトでした。
でもって、ブログがあって自分の愛犬と山崎容疑者とおぼしき女性の写真が載ってるんですよ。
子供ふたりが餓死した事件をダシにてめーのサイトの宣伝をしてると思えてなりません。
だって、その記事のタイトルが「容疑者と・・・・」なんだもん。
ご本人の名を語った場合にせよ、ご本人だった場合にせよ、いずれの行為にも管理人としてこのFOEを加担させる気はサラサラありません。
だから、今回に限ってリンクは切らせてもらいました。

2007年06月05日

●タイムマシーン

綾乃さんには未来から来た、耳をかじられたネコ型ロボットの親友がいて、机の引き出しにはタイムマシーンがあるらしい。
だからきっと、未来がわかるんだね。
あー、そうだ、そうだ。
私の幸福は綾乃さんがタイムマシーンで未来に行ってきたから、存在する幸福で、この幸福はみーんな綾乃さんのおかげなんだね。
わかったよ。
そういうことにしておいてやるよ。
感謝してやるよ。
感謝の気持ちを込めて、私の幸せいっぱい写メールを送ってあげるよ。
「どーもありがとー」
約束どおり、綾乃さんへの感謝の気持ちを書いてあげました。

2007年06月04日

●なめんなぁ

自分の大事な殿方だとか、自分の大事な友達だとかをバカにするようなことされると、私はムカつきます。
ええ、ムカつくんですよ。
だからね、ムカついてるんですよ。
「あなたがバカにされてるようで私はムカつくの」ってゆってるの。
「痛みを抱えて生きてる子だから」とか言われると、余計に腹が立つんです。
そんな自分が見苦しく思えて、ミジメな気持ちになる。

2007年06月03日

●カプマックス級

本屋さんで、成人女性向け漫画雑誌を購入しようと、レジへ持って行った。
この成人女性向け漫画雑誌は、一口に成人女性向け漫画雑誌と言っても、イマドキの少女向け漫画雑誌と比べたら足元にも及ばない、激甘から、甘口な成人男性向け漫画雑誌なんか足元にも及ばない、ハバネロ級激辛までと、そのランクの幅が広い。
そういう意味では、私がレジに持って行ったのは、辛口・・・ってゆーか、正直に言うよ、ハバネロを超えたカプマックス級。
レジで袋に入れてもらうまでに、しるあたりに背後から「かれんたん」とか声を掛けられたら、ドン引きされること、間違いなし。
さりげなく、周囲に知り合いがいないか気にしつつ、心の中で「早く・・・早く袋に入れて」とつぶやきながら、そっとレジに差し出し出すと、店員さんが明るーい声で話しかけてきた。
「かれんちゃん、久しぶり」
・・・しまった・・・周囲を気にするあまり、前方の注意を怠ってしまった・・・
かくして、知り合いのおねーさんに、カプマックス級成人女性向け漫画雑誌を購入する現場を押さえられてしまったかれんでした。
流石、おねーさんはプロです。
購入する商品についてのツッコミはひとこともしないでくれしまた。
おねーさん、ありがとう。

2007年06月02日

●禁断症状が出てます

うぉー、ラーメンが食べたいー。
狼煙のラーメンが食べたいー。
松本にあるとんこつラーメンのお店なんですが、月に1、2度、ここのラーメンが無性に食べたくなる。
今食べに行っても、風邪ひいてるから、味とかわかんないので、がまん・・・と思ってるんだけど、そう思えば思うほど、思いは募って、食べたさが増す。
治ったら絶対に食べに行く。
行くぞー。
絶対に行くぞー。

2007年06月01日

●ビリーズブートキャンプ

巷で話題のビリーズブートキャンプ。
親戚のお姉ちゃんも入隊しているというビリーズブートキャンプ。
秋に結婚を控えた姪っ子も入隊しているというビリーズブートキャンプ。
マイ・ハニーしるも入隊しているというビリーズブートキャンプ。
私も入隊しようかと、ディズカウントショップの入り口に山積みされたDVDを前に腕組みしながら、真剣に考える。
「かれんには向かないと思うよ・・・(以下略)」という、私の性格をよく理解している方にしか言えないであろう、数々のエピソードと、様々な言葉により、殿方の説得で、あっけなく入隊を断念。
・・・どうせ私は根性ナシだもん・・・