« 新幹線と釜飯 | メイン | 幕を開けようか »

2007年05月30日

●ペナルティ

ペッパーランチ事件初公判だったそうです。
夜、ひとりで食事をしにきた女性客を、店長含むお店のスタッフで拉致監禁たというあの事件です。
こういう卑劣な犯罪者は、去勢をしてしまえと思うのですが、ペッパーランチ事態はお咎めナシなのでしょうか?
あくまで個人の犯罪に連帯責任というのはナンセンスかもしれないけれど、なんだかね、個人という単位が当たり前の世の中で、責任感が欠如しているように感じる事件が多いのね。
全国チェーンのお店だし、生活のかかった従業員もいるだろうから、店を潰せとか、営業停止にしろとは言いませんが、例えば、夜の10時からの営業はしないとか、そういう措置くらいしたら?と思います。
20歳を過ぎたら成人で、物事の責任は個人レベルだけど、飲食店で飲食に来たお客様が被害に遭う、従業員が加害者の犯罪が起きていて、そういう人を雇用していたのは会社にも少なからずの責任はあると思う。
女友達と話していても「夜はひとりで食事に行くのに抵抗を感じる」って言葉が出てくるもの。
高校野球だって、部員ひとりの不祥事で甲子園に出場停止になるんだから、店舗で犯罪が起きたら、会社がペナルティを食らってもいんじゃないかなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/1062

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)