« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月31日

●幕を開けようか

気がかりだった某殿方の柔らか銀行の件もカタがつきました。
詳細についてはご本人様がweb上のどこかに晒すと思いますので、そちらを参照。
っつーわけで、今度は私の番ですね。
何が起き、そしてこれから何をしようと思っているかについては、相手に動きを読まれると困るので、今はここで明かすわけにはいきませんが、明かせる状況になり次第、随時ということで。
さぁて、私も「終わり」の「始まり」の幕を開けるとしましょうか。

2007年05月30日

●ペナルティ

ペッパーランチ事件初公判だったそうです。
夜、ひとりで食事をしにきた女性客を、店長含むお店のスタッフで拉致監禁たというあの事件です。
こういう卑劣な犯罪者は、去勢をしてしまえと思うのですが、ペッパーランチ事態はお咎めナシなのでしょうか?
あくまで個人の犯罪に連帯責任というのはナンセンスかもしれないけれど、なんだかね、個人という単位が当たり前の世の中で、責任感が欠如しているように感じる事件が多いのね。
全国チェーンのお店だし、生活のかかった従業員もいるだろうから、店を潰せとか、営業停止にしろとは言いませんが、例えば、夜の10時からの営業はしないとか、そういう措置くらいしたら?と思います。
20歳を過ぎたら成人で、物事の責任は個人レベルだけど、飲食店で飲食に来たお客様が被害に遭う、従業員が加害者の犯罪が起きていて、そういう人を雇用していたのは会社にも少なからずの責任はあると思う。
女友達と話していても「夜はひとりで食事に行くのに抵抗を感じる」って言葉が出てくるもの。
高校野球だって、部員ひとりの不祥事で甲子園に出場停止になるんだから、店舗で犯罪が起きたら、会社がペナルティを食らってもいんじゃないかなぁ。

2007年05月29日

●新幹線と釜飯

職場の組合の偉い人が来て、下々のご意見を聞いてくれるという集いに出席。
半年ほど前に行われた前回の集いにも出席したわけですが、その際に「集約してきてください」というので、職場のみなさんにご協力いただいて、みんなで一生懸命に集めた貴重なご意見・・・グループ懇談会の場で発表しただけで「持って帰っていいよ」と言われ、非常に不快、且つ、不信な思いを抱いて帰ってきまして、そして今回。
前日に渡された集合場所、時間等の書かれた紙に「ご意見を集約して書いてください」と3行分のスペース。
だから私は言いました・・・「それでは、集約してきたご意見を発表してください」ということで、自分の番が回ってきたときに。
前回の対応、今回のことを踏まえ、「意見を聞く気があるんですか?こうして集まる意味があるんですか?」と。
各自が取りまとめた意見の発表が始まってからもずーっと、組合の偉い人は交通費の清算のための金勘定をしていました。
その後、金勘定を終わらせて始まったのは、「この席を設けるために、金も時間もかかっているんだ」という言い訳と、「組合だってタイヘンなのよ」という自己弁護が延々続き、各自の問いかけへの明確な回答はなく・・・
例えばね、「この問題は、組合で取り上げて会社にかけあいましょう、これは各自の職場で解決してください」とか、組合も資金も時間もタイヘンだというなら、そういう交通整理をすることで、流れがスムーズになると思うんですよ。
なので、「私たちも、問題がすべて解決するとは思っていないし、すぐに解決するとは思っていません。私たちは自分たちが上げた意見が、どこで、どう処理され、現在、どうなってるかが知りたいんです。自分たちで解決していいものはそうします、そうでないものはどうなっているかということなんです・・・例えば、随時の報告でなくとも年数回発行されている会報の中で報告できると思いますが、そういうことについて、どうお考えですか?」と具体的に聞きましたよ。
・・・結局、答えてもらえませんでした・・・
日本語が通じなかったんですかね?
喫煙所で一緒になった出席者・・・私と同じ下々の立場の方々・・・から「あなたの発言に拍手しちゃった」とか、「あのオバサン(組合の偉い人)、どうしてみんなが話してるときにお金数えてるのかな?」とか、「結局あのオバサン、新幹線に乗って釜飯持って帰るだけじゃん」という声があがっていたことを、組合の関係者は一体、どれだけ認識していただろうか?
しかもね、ひとり1個で配布された釜飯、組合の偉い人が4個持って帰ったの、みんな見てたよ?
そうか、私が日本語で言ったのがイケナかったんだよね?
そういうことだよね?
でなきゃ、あーんなに話が噛み合わないわけないもんね。
ごめん、今度はちゃんと通じる言語で言えるように勉強しとくよ。
でもね、職場のみんなに報告したら、絶対に言われちゃうよ・・・「えー、うちらの組合費って、なに?その日本語の通じないオバサンの新幹線代と釜飯4個分に消えたわけ?」って。

2007年05月23日

●短縮鉄道の夜

はねトビの「短縮鉄道の夜」が好きな私です。
どうしても「ウイイレ」が何の略かわからなくて悩んでいました。
2ちゃんのサッカー板とか見てると、ときどき出てきます。
なんとなく、その音のカンジと「お前はウイイレでもしてろ」というような使われ方からして、同様にサッカー板でよく見かける「ウリナラ」っぽいニュアンス?とか思ってたのですが、全然違いました。
「ウイニングイレブンの略ですよ」
やっちまった。

2007年05月20日

●綾小路かれんを辞めることにしました

「辞めることにしましたシリーズ」の最後です。
しつこいようですが、「タイトルを学校、仕事、趣味を辞める(止める)ことにしました」にしないとイケナイというオヤクソクなのです。
「よく物思いにふける」
どうでしょう?
「自分は性格悪いと思う?」
すんげぇ悪いと思うよ。
「嫌味っぽい?」
言いたいと思う嫌味を口にしたら、確実に相手を泣かす自信があるので、常に自粛しています。
「天使」
しるとかタスクとか
「悪魔」
あたしとか綾乃とか
「シャイ」
謝るキモチ
「よくしゃべる」
もうマシンガンです。
「見た目気にする?」
気にした上でジャージを着るのが最近のマイブーム。
「一目惚れって信じる?」
自分がする場合、あるいは他者が他者にする場合には信じるが、自分がされる場合には「ナゼに?」と疑問を感じる。
「ビビビ!を信じる?」
「ビビビはアテにならない」というのは何年か前に松田聖子がその身を持って証明してると思う。
「思わせぶりは激しい方?」
思わせぶる人って、その神経が信じられん・・・したがって、しない。
「シャイすぎて一歩を踏み出せない?」
何もしないで後悔するより、やってみて後悔するほうがマシ。
「辞めることにしましたシリーズ」はこれでおしまい。

2007年05月19日

●日本人を辞めることにしました。

「インターネットを辞めることにしました」、「恋愛を辞めることにしました」の続きです。
何度も言いますが、「タイトルを学校、仕事、趣味を辞める(止める)ことにしました」にしないとイケナイというオヤクソクなのです。
「今着てる服」
24時間テレビのチャリT・・・たぶん1997年ヴァージョンだと思う。
「今のテイスト」
ところてん味
「今の臭い」
ところてん臭
「今の髪型」
襟足が熱いのでアップにしてます
「今したいこと」
でぃーぷなちゅう
「きいてるCD」
最近はもっぱらiPodにブチ込んでしまうのでCD、聴きません。
「1番最近読んだ本」
立ち読みで、「陰日向に咲く」を。
「1番最近見た映画」
自宅で「ロード・オブ・ザ・リング2」を観ながら寝た・・・始まって5分で。
「1番最後に食べたもの」
ツルヤのえびしゅうまい
「1番最後に電話で喋った人」
土方さん
「初恋覚えてる?」
実家の目の前に住んでいる幼馴染なので、忘れようもなく・・・ってゆーか、実家に帰るたびに目の前に初恋がブラ下がってるカンジ?
「まだ好き?」
好きだよ。
優しくて、とーってもイイヤツだもん。
去年、赤ちゃんが生まれて、幸せそうにしてるのを見ると嬉しいよ。
「新聞読む?」
一生懸命、辞書引きながら読むよ・・・英字新聞だから。
「ゲイやレズの友達はいる?」
疑惑のあるヤツは多いよね・・・真相はわかんないけど。
どうだっていいけどね、その人そのものには変わらないもの。
「奇跡を信じる?」
「あなたに出会えたこと」を奇跡と言うならば・・・
「成績いい?」
何の成績ですか?
バクチならいい方ですよ。
「帽子かぶる?」
気に入った帽子があるとずっとかぶってる。
今、一番のオキニイリは去年の夏に清里で買ったやつ。
「自己嫌悪する?」
するとドハマるので、しないように心がけている。
「何かに依存してる?」
タバコと殿方に・・・
「何か集めてる?」
モンチッチ・・・Sサイズのぬいぐるみタイプを。
「身近に感じれる友達はいる?」
ネットのおかげで、物理的に離れていても距離を感じない友情が成り立つよね。
「親友はいる?」
一番の親友は、モンチッチの「ノスケ」だな。
「自分の字好き?」
嫌いだから、なるべく書かないで済むように努力しています。
以下、次号。

2007年05月18日

●朝起きたら土方さんだったバトン

朝起きたら第8弾のテーマは土方さんです。
「朝起きると土方さんになっていました・・・どうする?」
株をチェックして、全部、逆張りしておいてあげる。
「とりあえず外に出てみることにしました・・・どんな格好をする?」
ハデハデのアロハシャツに、麦藁帽子、アヤシゲなサングラスをかけ、海辺でスイカを売ってるファッション。
「土方さんのお母さんが向こうからやってきました・・・どうする?」
自家製さつま揚げの作り方をレクチャーしていただく。
「家に帰るとお風呂に入る時間のようです・・・どうする?」
お風呂の中で、毛抜きを使って1本ずつヒゲを全部抜く。
「土方さんの日記帳を発見・・・読む?」
私の悪口を書いていないか、隅々までくまなくチェックする。
「土方さんのケータイを発見・・・どこまで見る?」
密かにエロ画像を保存してないかチェック・・・保存してなければ、保存しておいてあげる。
「土方さんの友達からメールが・・・あなたのライバルのようです・・・どうする?」
土方さんにメールを送ってくる私のライバルと言えば大人兄ちゃんなので、「これからはアルゼンチンを応援します」と宣言メールを送ってあげる。
「土方さんへ一言。」
かれんさんを大切にしよう。

2007年05月17日

●インターネットを辞めることにしました

「恋愛を辞めることにしました」の続きです。
くどいようですが、「タイトルを学校、仕事、趣味を辞める(止める)ことにしました」にしないとイケナイというオヤクソクなのです。
「携帯は何?」
私とあなたを繋ぐ、愛のホットライン。
「コンピューターから離れられる?」
ケータイがあれば大丈夫。
「殴り合いのケンカしたことある?」
中3のとき、親友・としちゃんに殴られたけど、殴り返したらとしちゃんが負けるのが目に見えていたので、ぐっとこらえて殴られてやったことは今でも酒の肴。
「犯罪犯したことある?」
純真無垢な年下の殿方をたぶらかすようなことをしたことはございません。
「お水に見間違えられたことある?」
お水はないけど、AV女優さんに間違えられ、2人組のファンの男の人に2時間くらい追っかけされたよ。
「ウソついたことある?」
つい最近だと、半年ほど友達を騙していたことをゲロしました・・・ごめんね。
「誰かを愛したことある?」
それなりに。
「友達とキスしたことある?」
日常茶飯事。
「誰かの心をもてあそんだことある?」
そんなことするわけないじゃん。
むしろ、もてあそばれている・・・現在進行形で。
「人を利用したことある?」
勃ってるものは親でも使え・・・って、使うわけないよなぁ・・・。
「使われたことは?」
勃たないから無理・・・そうじゃないって?
「髪染めてる?」
しると同じ色にしてる。
「髪の毛巻いてる?」
ときどき巻く。
「タトゥーしてる?」
胸んとこにゲバラのタトゥーを入れたいと言ったら、母から政治思想の合わない人からボコられるのでやめなさいと、止められて断念。
「ピアスあけてる?」
高校の卒業式の日にあけてから、ずーっとあいてるよ。
「カンニングしたことある?」
小学校んとき、選択問題で答えに迷って隣の子の答えと同じ回答をしたら、それが間違っていたのでしないことにした。
「お酒飲む?」
ほとんど飲まない。
「ジェットコースター好き?」
・・・あまり得意ではない・・・
「どこかに引っ越しできたらな~と思う?」
引越しより、南の島とかに別荘が欲しい。
「もっとピアスあけたい?」
ピアスの穴をあけると運命が変わるというけれど、今現在、非常に満足した状況なので、運命が変わらないためにもあけたくはないです。
「掃除好き?」
掃除をするなら徹底的にしたくなるが、なかなかそんなこともできないからイラっとくるので嫌い。
「丸文字?どんな筆記?」
たくましい字。
「ウェブカメラ持ってる?」
愛用してる。
「運転の仕方知ってる?」
観覧車とメリーゴーランドなら、バイトで経験アリ。
「何かを盗んだことある?」
はぁと
「拳銃を手にしたことある?」
日本刀なら実家にあるけど、拳銃はない。
このバトンも次回はいよいよ最終回よ。

2007年05月16日

●ナミダ目なのは風邪のせいだけじゃない

風邪をひいて寝込んでおります。
熱が39度出ています。
昨日から2日連続で、仕事もお休みをいただいて寝込んでいます。
松下由樹似の美人マネージャーから「大丈夫?」ってメールが届き、思わずナミダ目。
現場からの「今日は休んでいいよ」というTELの受話器の向こうから聞こえた「ちゃんとイイコで寝てるように言っといて」というセレブなハル先輩の声に、思わずナミダ目。
自分だって風邪ひいてるくせに、「ポカリスエット買って届けようか?」という、さやえんどうのTELに、思わずナミダ目。
「いいから寝てろ」という綾乃のメールに、思わずナミダ目。
「ちゃんと食事を摂りなさい」という土方さんの説教に、思わずナミダ目。
一番のナミダ目は、階段の角に右足の小指をぶつけたこと。

2007年05月15日

●恋愛を辞めることにしました

なんだかよくワカラナイバトンなのですが、「タイトルを学校、仕事、趣味を辞める(止める)ことにしました」に設定することがオヤクソクのようです。
なんだかよくワカラナイのですが、司の日記を綾乃のワナにハマって見てしまったのでやらなくてはイケナらしいのでやります。
「HN」
とりあえず、かれんで。
「職業」
愛の狩人
「病気」
恋愛症候群
「装備」
Fカップ
「性格」
陰険
「口癖」
「あたしのこと、愛してる?」
「靴のサイズ」
サンダルはMサイズ
「兄弟」
大人兄ちゃん、弟に司。
「好きな色」
濃い桃色
「好きな番号」
やっぱり9だよね。
「好きな動物」
殿方
「好きな飲み物」
コーヒー牛乳
「好きなソーダ」
総ガラス瓶のラムネ
「好きな本」
広辞苑
「好きな花」
薔薇
・・・・続きはまた今度ね。

2007年05月13日

●そっとしておこうよ

「コウノトリのゆりかご」・・・俗に言う「赤ちゃんポスト」の運用が先日から日本でも始まったのですが、TV局はちょっと騒ぎすぎなんじゃないの?と鼻につく。
このシステムには賛否両論がまだまだ、問われるだろう。
私自身、これについて自分の意見を「良い」、「悪い」のどちらかで選べと言われたら、今の段階では答えられない。
ただね、良い面、悪い面、両面を持っているからこそ、論議されるシステムだと思うのね。
だから、これを良いシステムにするのも、悪いシステムにするのも、運用する人たち、利用する人はもちろん、このシステムを受け入れる社会次第だと思う。
スタートしたばかりだからこそ、マスコミは病院に張り付いて中継とかするんじゃなく、そこはあたたかく見守り、このシステムが良い方向に運営されるにはどうしたらいいかを、世の中に問いかけるようにしたほうがいいんじゃない?と思いました。
今、私が言えることはここまで。

2007年05月12日

●種まき重要

今年もまた、GW明けのこの時期、綾乃さんに贈る「かれん愛の名言」でございます。
「トウモロコシの種を蒔かなければトウモロコシは生えてこない」
はーい、ここテストに出るよ。
綾乃よ、心にしかと刻みつけておきなさい。

2007年05月11日

●マジギレ中です

このお話の父子家庭は、長女と長男は高校生で、次男は小学2年生。
長女と長男と父親は血が繋がっていない。
高校生の長女と長男は、定時制高校に通っている。
家事から、次男君の世話までを父親に押し付けられて、「学校に行く必要はない」と学費を出してもらえないから、自分たちでバイトをして学費を稼いでいる・・・私と同じとこで働いている。
職場のみんなもこの姉弟のことを大切に想っていて、何かできることをしてあげたいと、誰もが想っていた。
でね、放課後、土曜日は児童館に次男君を通わせたらどうだろうという話になった。
次男君が児童館に通えれば、今までは次男君の在宅時間にどちらかが家に、どちらかがバイトに来るという生活から、わずかながらでも自分たちの時間が作れるようになる。
問題は、児童館は本来、保護者が申し込むものを、それどうするか・・・この父親は、そんなことを許さないだろう。
ダメモトで児童館に相談したら、すぐに児童館から市へ掛け合ってくださって、本来必要な書類などを揃えなくても、次男君を通わせてくれるということになった。
小学校への口止め工作も完了。
いよいよ、児童館に通うという矢先に、次男君の担任の先生が父親に、児童館へ通うことについての確認のTELをしやがった。
もちろん、「通わせる必要はない」と言われ、「長女が嘘をついている」とまで言い放ったらしい。
次男君の児童館通いは、なかったことになってしまった。
「児童館へ遊びに来る」ということは可能・・・でも、これは一旦、帰宅した次男君を姉弟が児童館まで送って来なくてはならない。
姉弟の通う高校から、自宅は1時間くらいかかる・・・彼らの時間が拘束されることには変わりない。
あれだけ、父親の耳には入らないようにとお願いしていたのに・・・すべでが台無しになってしまった。
父親バレの第1報の時には「お父さんはちゃんとお子さんの世話をしていると担任の先生が言っていた」だったのに、何時間か後には「担任の先生は現状を把握しています」に変わってた・・・なんでだろう?
ってゆーか、本当に現状を把握していたのなら、なぜ今までほっといたのか疑問。
児童館の先生、小学校、市ははこの姉弟にできることをしてやろうという姿勢のようだ。
問題はすべてを台無しにした次男君の担任・・・ふざけんな。
この先生が原因で登校拒否になった子や、転校をした子がいると、保護者の間では評判が悪い先生だという話は聞いていたんだけどね。
ワビを入れろとは言わないが、この担任から私たちへ、状況説明等の連絡はまだありません。
教員としての資質の無い者からは、教員免許は取り上げたほうがいいんじゃないですかね?
運転免許には、免停、免取があるんだから。

2007年05月10日

●インタビュー

北海道で起きた「母親が男のとこに転がり込んで、1歳と4歳の子供を1ヶ月もほったらかして1歳の子が餓死し、その遺体を男の家の物置に隠した」という事件をワイドショーで取り上げていました。
「男」です。
「殿方」ではありません。
「殿方」と呼ぶに値しない、クズだと思うので・・・理由は後ほど。
美麗さんと見ていて、もう、二人で罵詈雑言のアメアラレ・・・。
それはいいのですが、見ていて気になったことがふたつほど。
ひとつめ。
顔出しナシで、交際相手の男がインタビューに答えていました。
「子供のこと話題にすると怒ったので」とか言い訳してましたけど、子持ちだって承知で付き合ってたわけでしょ?
自分のとこに転がり込んできてるんだから、「子供はどうしてるのか?」って、ケンカしてでも話合うべきじゃん。
私の周りの殿方にも、子持ちの女性と付き合ってるヤツらが何人かいるけど、口を揃えて「彼女と付き合うっていうのは、その子供も含めてって気持ちがなくちゃダメだし、そう思えないのなら子供のいる女性と付き合うべきじゃない」と常々言っている。
実際にどこまで状況を把握していたのか知らないけど、自分の自宅の物置に遺体があったわけだし、「自分は無関係」みたいなこと言ってるけど、どこまでホントかわかったもんじゃない。
第一、付き合ってる女が子供ほったらかして自分のところに来て、その結果、人がひとり餓死してるのに、こんな風にTVに出てくるって、どういう神経してるんだか・・・ある意味、共犯者のくせして。
・・・交際を始めたのが、子供をほったらかして男のとこに転がり込んだ前日だったということまでペラペラTVでしゃべるなんて、薄っぺらい男だなぁ・・・
ふたつめ。
山崎愛美被告の母親もインタビューに答えていて、昨年11月に次男が餓死し、今年2月に発見されるまでの間のクリスマスに、生き残った4歳の長男が、弟が動かなくなり、そこに虫が湧いたこと、母親が弟をビニール袋に入れて、箱に詰めたと、自分に話していたと言っていた。
ちょっと待てよ、・・・てめーの娘が我が子の遺体を隠したこと、スルーしたのかよ・・・。
この娘にして、この親か・・・。
交際相手といい、山崎容疑者の親といい、準共犯みたいな人たちが、よくもまぁ、TVのインタビューに答えられるなぁという状況下で、よくもまぁ、そんなことが言えるなぁということをペラペラしゃべてるし・・・コイツら、頭、悪いんじゃない?

2007年05月09日

●アシノウラ

足の裏の2箇所ほどが痛い。
日常生活の中、例えば歩いたりするときに、力がかかる場所ではないので支障はないけれど、その2箇所は軽く押しただけで、ものすごーく痛い。
左足の薬指と中指の間から、まっすぐにツチフマズの境目とぶつかるあたりと、内くるぶしの下あたり。
ネットで足のツボを検索したら、足の裏は肝臓、内くるぶしの下は子宮らしい。
えー・・・・マジですか・・・大丈夫か?私?
殿方から「婦人科に検診に行かないと絶縁する」と宣言されて、すでに10ヶ月が経過したサツキバレの今日です。

2007年05月08日

●ヴィトンのカンハチーフ

「木綿のハンカチーフ」の歌詞って、「お土産買ってくるから泣いちゃダメだよ」って歌詞じゃないじゃん。
いや、確かに最初はそう言ってるんだけど、結局、都会の絵の具に染まって、捨てられちゃったから木綿のハンカチーフを買えよコノヤロウって歌詞でした。
かれんはまたひとつ、騙されました。
バカヤロー。
ヴィトンのハンカチーフを買えよコノヤロウ。

2007年05月07日

●木綿のハンカチーフ

ゴキゲンなとき、私はなんとなーく、歌いだすらしい。
ジャンルも演歌から洋楽、ジャニ、年代も60年代から最新まで、もうその時の気分次第でてきとーに歌っているようだ。
で、今日はイキナリ「木綿のハンカチーフ」なんぞ歌いだしたわけですが、出だしで躓いた。
「あれ?ボクが旅立つのって南だったよね?」
「東ですよ」
「彼女をほったらかして、南の島とか旅行に行っちゃう歌じゃないの?」
「違いますよ、恋人を置いて東京に稼ぎに行くけど、お土産買ってくるから泣いちゃダメだよって歌です」
かれんはひとつ、おりこうさんになりました。