« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月29日

●いわくつく物件

出先で偶然、最近仕事で知り合った方と遭遇・・・しかも、その方が以前、住んでいたアパートの下の部屋に住んでたブラジル人のマリアさんと一緒だった。
「あれ~、知り合いだったの?」って3人でしばし立ち話。
「そういえば、マリアさんのアパートって、4の付く部屋がないよね・・・縁起かついでるのかな?」
「それよりも、あのアパートは103号室の呪いのほうが有名だよ。」
「エー・・・ナニソレ?ワタシ、シラナイヨ。」
現在も住んでいるマリアさんは知らなかったらしい。
「103号室の呪い」とは、その部屋に入居すると、入院したり、カップルや夫婦だと別れてしまうと言われている。
実際、私が住んでいる間に入居したご夫婦は2組とも、入居から1年の間にご主人が入院、そして離婚して、アパートを去っていった。
2組目のご夫婦とは、歳も近かったからすぐに仲良くなって・・・もうねラブラブなご夫婦で、「うちの人は浮気とは縁のない人」と奥さんはよく言っていたし、実際に女性関係には硬派で真面目なタイプだった・・・入居当時は。
その頃はまだ、「103号室の呪い」なんて誰も言ってなかったんだけどね、入居して1ヶ月ほどしてご主人が仕事中で怪我をして入院・・・その最中、梅雨でもないのに、103号室の下駄箱がカビだらけになってしまい、親しい住人たちみんなで首をかしげたりした。
だって他の部屋はなんともないし、同じ間取りなのに、103号室だけがなんとなく暗く、ジメジメした感じがするんだもん。
やがて、入院中のご主人が退院。
職場復帰はせず、転職・・・2週間もしないうちに挙動不審な行動を取り始め、浮気発覚。
「うちの人に限って・・・」
奥さんだけでなく、私をはじめご主人を知る誰もが、最初は信じられなかった。
結局、話し合いの末、ご主人は浮気相手と別れたのですが、1週間もしなううちにまた新しい女が登場。
それを1ヶ月の間に3回繰り返し、とうとう奥さんはお子さんを連れて出て行ってしまった。
奥さんの引越しを見送った後、向かいの部屋の104号室のお姉さんがボソっと「前に住んでた人も、1年、いなかったね」とつぶやいた。
「そういえば、あそこん家もご主人が入院した後、離婚したんだよね」
「その前のカップルも別れて、引っ越したっけ・・・あれ・・・私がここに住んでいる間、103号室の人って、入院するし、別れてる・・・」
アパートに一番長く住んでいる・・・といっても8年目だった奥さんのそのヒトコトから「103号室の呪い」と言われるようになった。
といっても、たかだが8年、偶然の出来事で、世間話のネタ程度である。
私はといえば、103号室の新しい住人が入居する前に引っ越してしまったわけで、その後、「103号室の呪い」がどうなったか、知る術もないまま、今日に至っていたわけですが、マリアさんが知らないということは呪いの効力も無くなったのかな?と思ったわけです。
「オー・・・103ゴウシツ、トモダチスミマシタ・・・ソシテコノマエ、リコンシテ、ゴシュジン、イマ、ニュウインシテマス」
恐るべし、「103号室の呪い」だ。

2007年03月28日

●朝起きたらジェイだったバトン

朝起きたら第6弾のテーマはジェイことジェームス・東十条です。
「朝起きるとジェイになっていました・・・どうする?」
ジェイの脳にインプットされているという「百八つの無駄な知識」と呼ばれる知識がどれだけ無駄なのかチェックする。
「とりあえず外に出てみることにしました・・・どんな格好をする?」
当然、アロハシャツ。
ジェイのお母さんが向こうからやってきました・・・どうする?」
苦労をねぎらいつつ、肩なんぞ揉んで差し上げる。
「家に帰るとお風呂に入る時間のようです・・・どうする?」
めんどくさいので入らない。
ジェイの日記帳を発見・・・読む?」
web上にある日記がすべてだと思うので、べつにあえて読まなくてもいいだろう。
ジェイのケータイを発見・・・どこまで見る?」
メモリに女性の名前がどれだけあるかチェックし、10人ほど、私の友達のTEL番号とメルアドを追加しておいてあげる。
ジェイの友達からメールが・・・あなたのライバルのようです・・・どうする?」
weekだな・・・勝ってもいない馬券をさも、当たったかのようなメールを送って悔しがらせる。
ジェイへ一言。」
たまには一緒に遊ぼうね。

2007年03月26日

●アイスバトン

暑い日のアイスも美味しいけど、寒い日のアイスもそれはそれで美味しいんです。
そういうわけでして、アイスバトンでございます。
「最近お気に入りのアイスは? 」
あいすまんじゅう
「好きなアイスの銘柄を3つ答えてください」
ハーゲンダッツのバニラ、ビスケットサンド、あいすまんじゅう
「好きな味は?」
バニラ
「好きなアイスのタイプは?」
オールラウンドに。
「アイスは噛む派?舐め溶かす派?」
フィフティーフィフティーです。
「どこでアイスを買いますか?」
ハーゲンダッツのバニラも、ビスケットサンドも、あいすまんじゅうも、置いてる西友かツルヤ。
「今まで食べた中で一番特殊なアイスは?」
ディニーシーのシーソルトアイス。
「アイスについての情熱をどうぞ」
その情熱はアイスも溶かす。
「次に回すアイス好きそうな人」
日記、ブログのネタに困ってる殿方と同じくらいアイスを愛す淑女に。

2007年03月22日

●太陽にわめけ

先日ですね、殿方と超有名観光名所を目指しておりまして、都内某駅を乗り換えのために下車し、構内を歩いておりました。
私も殿方も格好はいたってカジュアル。
目的の超有名観光名所が混んでいるか、共通の友人である綾乃さんがいかにアホであるか、あるいは、共通の友人であるタスク画伯のイラストで好きな作品はどれであるか、あるいは、共通の友人である大人兄ちゃんの髪の毛はあとでれくらいもつか、あるいは、共通の友人である速水さんはそろそろ魔法が使えてもいいのではないか、あるいは、共通の友人である司君はサッカー街道をどこまで突き進むか・・・そんなことを話しながら歩いていたときである。
「すいませーん、ちょっといいですか?」
両サイドを見知らぬ殿方2人組にがっつり固められ、「逃がさんで~」という雰囲気。
「おいおい・・・キャッチセールスか?駅に突き出すぞ・・・」などと、超有名観光名所に早く行きたい私は、イラっと心でつぶやいた。
そんな私の心を見透かしたのか、2人組はポケットから、身分証明らしきものを出した。
「こういう者ですが、少しよろしいですか?」
内心「あんだよぉ」・・・「なんだよ」ではなく「あんだよ」ってカンジでチラっと見た、差し出された「こういう」に鎮座するは桜の代紋・・・私服の刑事だよ。
私の脇を押さえてる刑事さんなんて、見るからに「スニーカー」とか呼ばれてそうなカンジ。
そうなると、殿方の脇を抑えてるのは「ゴリさん」ね。
さっきまでの不機嫌はどこへやら、一変して、「なぜ?なぜ私が呼び止められる?」と悪いことをした覚えはないが、なぜか弱気・・・そうか、この一緒に歩いてるこの殿方が悪いんだ。
この殿方、悪知恵は働くし、性格は根元から斜めにまっすぐ伸びてるし、こいつが怪しいと、そういうことなんだな・・・と自己完結。
そうなると、超有名観光名所はどこへやら、私の頭の中では「太陽にほえろ」のテーマソングが流れ出し、気分は「どこまで行けるか、かれんの職質ゲーム」どんどんどん、ぱーふーぱーふー状態。
すかさず、ゴリさんからの第1問。
「今日はどちらまで行かれるんですか?」
きたよ・・・ここで、目指す超有名観光名所の名前を言ったら、「チーン、終了」。
ゲームオーバーである。
ちらっと隣の殿方の顔を見てから、有名観光名所のある地名を答えた。
「そうですか、お引止めして申し訳ありませんでした。」
「ありがとうございました、お気をつけて」
・・・え・・・ゴリさん、スニーカー、もうオシマイなの?
ゲームオーバーしてしまった・・・あんなに頑張ったのに・・・カツ丼・・・食べたかったな・・・。
結局のところ、職質の目的とかは未だにわかりませんが、私服の刑事さんによる職質初体験でした。
捜査の妨害になってしまったらマズイので、少々ボカす部分がありますが、ご了承ください。

2007年03月21日

●春分の日だよ綾乃さん

春分の日です。
暦の上ではもう、今日から春です。
綾乃さん、春なんですよー。

2007年03月20日

●最初で最後

アサイチに騙されて、気が付けば舞浜の駅に居たりしまして・・・ディズニーシーですよ、ディズニーシー。
平日だったので、思ったよりもすいていたし、ファストパスをフル活用で、ゆったりと回れました。
ところでかれんは落ちるのが苦手です。
ひねりとか入ると大丈夫なんだけど、そのまんま落ちる系はダメなのね。
かつて富士急ハイランドのFUJIYAMAで号泣した過去とかあるわけですよ。
垂直に落ちるなんてアリエナイわけです・・・もうね、作った人も、乗る人も、頭オカシイんじゃない?とか思うくらい。
だからタワーオブテラーはもう、外から見て、悲鳴を聞くだけで充分。
それなのに、なぜか列に並んでしまいまして・・・もうね、血迷ったとしか思えない。
並んでる途中で「なんで私、こんなとこにいるの?」とかウワゴトのようにつぶやいてみたりもしたのですが、「やっぱりやめよう」と思ったときには、もう、シートベルト付けて、わーっと上に上がっていまして・・・同行者の証言によれば、私はずーっと下を向いていて、ずーっと人様の腕を掴んでいて・・・そのうちに、シャツの袖が濡れてきたんだそうです。
ええ、途中から号泣してました。
アトラクションが終わって、出口の扉が開いても号泣していたので、後ろの席にいた男子中学生の集団が「おねーさん、大丈夫かな?」と顔を覗き込んでいたり、隣の女子高生が「泣くほど怖かったのかな?」などと言っていたそうですが、私はそんなこと知りません。
・・・もう二度と乗らねぇ・・・
人生、最初で最後のタワーオブテラーだもん。
ポップコーンは全種類食べたし、全体的には楽しい1日でした。

2007年03月15日

●漢字一文字バトン

少年Aちゃまから回ってきましたよ。
「?バトン」だそうです。
少年Aちゃまがかれんを印象を漢字一文字で表すと「若」だそうです・・・正直に嬉しいよ、ありがとう。
それではいってみようかにゃ・・・その前に、このバトンにはお約束があります。
「回答は全て漢字一文字」
「誰も読めないような漢字は避けること」
「同じ漢字は複数回使用可能」
「設問から連想する漢字を答えること」
だそうです。
「回してくれた少年Aちゃまから連想する漢字5っ」
賢、智、友、描、偉
「通っていた高校から連想する漢字3っ」
桜、夢、史
「通っている大学から連想する漢字3っ」
女、煙、煩
「自分の性格から連想する漢字3っ」
淫、明、黒
「自分の好みの異性から連想する漢字3っ」
優、笑、声
「初恋の人から連想する漢字1っ」

「今の恋人から連想する漢字1っ」

「今の日本から連想する漢字3っ」
廃、蝕、病
「今の世界から連想する漢字1っ」

「自分が今いる場所の状況から連想する漢字3っ」
居、独、映
「自分の父親から連想する漢字2っ」
謝、願
「自分の母親から連想する漢字2っ」
婚、書
「自分の兄弟・姉妹から連想する漢字3っ」
死、友、支
「自分の名前の中で一番画数の多い漢字」

「では、自分の名前の中で一番画数の多い漢字の画数と同じ数の人にバトンを回してください・・・それぞれの人に印象を表す漢字を一つずつ付けること』
14画・・・無理です。
だから5人にひとりづつから連想する文字を5っ挙げるので、それで許してください。
はるるねーちゃんは、姉、鼠、優、憧、知。
しるは、髪、美、愛、彩、汁。
すけちゃんは、頼、賢、魅、茸、志
さやえんどうは、麗、亮、西、妹、管。
土方さんは、斜、魚、株、輪、知。
こんなんでどうよ?

2007年03月13日

●お部屋バトン

綾乃さんから回ってきました。
お部屋バトンでございます。
部屋か・・・片付けないと・・・
「あなたは実家?1人暮らし?」
該当しません。
「あなたの部屋に写真はありますか?」
あるよ。
祖父でしょ、はるるねーちゃんの結婚式のときのでしょ、さやえんどうと一緒にジャニ祭りで買った仁の写真。
「あなたの部屋の壁に何かかかってますか?」
基本的に壁にモノは掛けない・・・というか掛けられない状況です。
あ・・・エアコンが掛かってるな。
「あなたの部屋にぬいぐるみはいますか?」
大量に。
主だったところでは、しろたん、ピカチュウ、あらいぐまラスカル。
それからモンチッチが30匹ほど。
「あなたの部屋にまんがはありますか?」
幅広いジャンルで大量にあります。
「あなたの部屋にある機械は?」
加湿器とオイルヒーター、18禁な機械が2っほど、ときどきノートPC。
「あなたの部屋で、これだけは人に負けない!っていうのは? 」
ベッドルームのロフト・・・「かれんのおもちゃ箱」と呼ばれる、ジェニー、Pinky.st、ぬいぐるみ、ミニカーなど、オトナゲない趣味で収集されたものが置いてある一角。
そこを見ると誰もが絶句する。
「あなたが寝るとき、周りに必ず置くものは?」
ケータイとモンチッチのノスケと赤い炊飯ジャー(かれん愛用の赤いDS)。
「あなたの部屋は何畳ですか?」
畳がないのでわかりません。
「あなたの部屋は全体的に何色ですか?」
後先考えず、全体を白というチョイスをしてしまったため、室内でタバコが吸えません。
ええ、外に出ます。
近所の人にヘンな目で見られます。
冬は寒いです。
後悔しています。
「あなたの部屋にはどんな家具がありますか?」
ベッドとウォークインクローゼット。
「あなたの部屋で一番多いものは何ですか?」
ゴミ。
「あなたの部屋にはポスターなどは貼ってありますか?」
ポスターはありませんが「長瀬智也等身大POP」というものが飾ってあります。
「あなたの部屋で一番目立ってるものは?」
ロフトに上がるための梯子とシーリングファン。
「自分だけの、部屋に対するこだわりはありますか?」
できれば、モノをあまり置かない、無機質な空間にしたいんです。
それが私の理想なんです・・・わかってください。
「バトンを回す人は?」
部屋を掃除するときは徹底的にやらないと気がすまない、日記、ブログのネタに困っている方、どうぞ。

2007年03月11日

●ボイスバトン

少年Aちゃまから、またまた回ってきましたよー。
ボイスバトンです。
「周りから言われる自分の声」
「マイク通すとなんでそんなに変わるの?」、「営業用ボイス」、「プライベート用とお仕事用がある」、「お小遣いが稼げる声」、「声でテンションがわかる」・・・主だったところはこんなカンジ。
「自分で聞く自分の声」
録音物等で聞く機会が多かったので、実際の音と自分の感じてる音のギャップには慣れてるね。
たぶん、人より自分の実際の声に対しての違和感はないね。
「.好きな声優さんは?」
稲垣吾郎だもん。
声優やったんだぞ。
映画版ワンピースに出てたもん・・・某・お笑い芸人の不祥事でお蔵入り扱いだけど・・・。
あとはね、やっぱり山田康雄さんだね・・・ルパンだよね。
「.どんな声が好き?」
淑女だとね、絶対にしるの声。
もうね、メロメロになります。
殿方だと、ソフトで優しい声に弱い。
ってゆーか声フェチ。
それ系の声の殿方にTELでささやかれたら陥落します。
「誰の声マネできる?」
「似てる」と評判がいいのが、「プライバシーの保護のため音声は変えてありますというテロップが出ているインタビューの声」、「超能力捜査官のクラーラとハンナの吹き替え」。
意外とウケたのが、風邪をひいたときに心配をしてTELをくれた殿方に、鼻が詰まってるのをいいことにTELにでるなり間髪入れずにやった、「山瀬まみのお父さんのためのワイドショー講座」だな。
私としては自信があったのに、不評だったのは「浜崎あゆみのくっちゃらはぴはぴはいちゅー」。
「カラオケで真っ先に歌う曲は?」
その日、そのときの気分で変わるので特に決まってません。
殿方に歌ってほしいのは、BOOWY、Gacktとか。
「このバトンを回してくれた人の感じは?」
初めて聞いたときはね、ビックリした。
なんでビックリしたのかは、少年Aちゃまと私のヒ・ミ・ツ。
すごく澄んだ綺麗な声だよ。
「次に回す10人」
しるすけちゃん、はるるねーちゃん、ミッキー兄ちゃん、さやえんどう土方さん速水さん司君シナモン、ジェームス・・・やってちょんまげ。

2007年03月10日

●飲み物バトン

少年Aちゃま綾乃さんから回ってきました「飲み物バトン」です。
少年Aちゃまの予想では「かれんはコーヒー党」とのとこ・・・大当たりです。
しかも、コーヒー牛乳党。
「物心ついてから現在まで、一番良く飲んだと思う飲み物は?」
牛乳だよ。
小学校の頃、バスケットボールの選手に憧れて、「牛乳を飲んだら背が伸びる」という神話を信じて、飲みまくった。
学校給食の余った牛乳を飲み、家にある牛乳を毎日すべて飲み干し・・・。
その結果、育ったのは身長ではなく、乳であった・・・。
そして今は、コーヒーに入れて・・・というか、牛乳にコーヒーをたらして飲む。
「今飲んでるものは?」
最近、オキニイリのジャスミン茶でございます。
「完飲せず、途中で投げ出した飲み物は?」
初めて本格インドカレーを食べに行き、あまりの辛さに耐え切れなくなっていると、店員さんが寄ってきて「ラッシーを飲むといいですよ」と教えてくれたので、すかさずどんな飲み物か知らないままオーダーしたら、ビールの大ジョッキいっぱいのラッシーがでてきた。
ヨーグルトは食べられますが、乳酸系飲料がダメな私に、大ジョッキのラッシーは無理でした。
「マフィアのおっさんに「死ぬ前に5つ選びな」と、何故か日本語で言われて最期に選ぶ飲み物は?」
もちろん、コーヒー牛乳です。
ミルクの質にはこだわらせていただきます。
「どのメーカーの飲み物が好き?」
モノにもよりますが、コーヒー牛乳ならネスカフェです。
「好きな飲み物は何?」
お茶は紅茶・・・アールグレイがすきですね。
果汁は柑橘系も好きだし、葡萄も好き。
炭酸はコカ・コーラ派です。
スポーツ飲料はあまり飲まないけど、ビタミンウォーターとか、アクエリアスビタミンとかかなぁ。
水は源智の湧き水です。
お酒はいつでもカルーアミルク。
「飲料水で好きなCMは何?」
昔のニッカ「シールド」とサントリー「BOSS」の吾郎ちゃんの出てたやつ。
「バトンを回す」
そこでブログ、日記のネタに困ってコーヒーを飲んでいるあなたに。

2007年03月08日

●大人のかき氷

東京には「大人のかき氷」という食べ物があるらしい。
何がどう「大人」なのか、それは私が普段口にするイチゴシロップのかかったかき氷とどう違うのか、そこらへんが非常に気になって、情報提供者である、歩く国会図書館・土方さんに聞いてみた。
「イモ焼酎がかかっているんですよ」
納得した。
そうか、イモか。
イモなのか。
まさに「大人のかき氷」。
大人」の名を冠するに相応しい。
だって、イモ焼酎だもん。
これがもし、かかっているお酒が普通の焼酎だったり、麦焼酎だったり、ドンペリだったとしても、私は認めることができなかっただろう。
でも、イモ焼酎。
完璧だ。
完璧すぎる。
今の私の夢は、「大人にーちゃんと大人のかき氷を食べること」である。

2007年03月06日

●叔母の葬儀

昨日の早朝、叔母が亡くなり、葬儀です。
あれこれ手伝いもあるので、午前中から葬儀場に行き、棺に生前・・・というか子供の頃、よく叔母に頼まれて買いに行ったマイルドセブンを入れた。
叔母の人生のうち、私は実際には半分くらいしか知らないんだけど、波乱万丈な人生を送った人だった。
故に、娘であるお姉ちゃんにはずいぶんと苦労をかけたこともあり、叔母は母親としてはいい母親ではなかったというのが、率直な私の感想だった。
けれども、葬儀で弔辞として孫娘にあたる姪が読んだ叔母宛の手紙には、姪にとって叔母は最高のお祖母ちゃんだったという気持ちが込められていた・・・正直、それまで叔母の生き方に大人になるにつれ、疑問を感じていた私でしたが、孫にとってこれだけの想いを残した叔母の人生は、すべてが間違っていたわけではないように思えた。
死が過去のわだかまりを消すということもあるんだね。

2007年03月05日

●思い出の香り

美麗さんと今日子さんとショッピング・・・してるときにはぐれてしまった。
香水売り場でみつけたふたりは、なぜか遠い目をしていました・・・テスターの小瓶を手に持って。
美麗さんの手には、ジバンシーのウルトラマリン。
今日子さんの手には、カルバンクラインのONE。
「美麗さん、遠い目してるわよ?」
「・・・ああ・・・この香りよ・・・・」
「今日子さん、何があったの?」
「あ・・・ちょっと涙が出そう・・・」
落ち着いたところで話を聞いたら・・・香水売り場で、「名前をつけて保存」されている殿方の愛用の香水を発見。
テスターがあったので嗅いでみた。
思い出フラッシュバック。
ということだったらしい。
「かれんさんの思い出はどの香り?」
「えっと・・・あれ・・・ない・・・」
ないのは思い出の香りなのか、それとも「名前をつけて保存」されている殿方なのかは、ご想像におまかせします。
淑女だって、「名前をつけて保存」することがあるのよ。
でも、殿方のようにあからささまに、目につくとこに置かないだけ。

2007年03月04日

●愛姐さん引退

綾乃さんと私が尊敬する飯島愛姐さんが引退らしい。
理由とか、詳細とか発表されてないからわからないらしいんだけど、残念だな。
愛姐さんて、ズバズバ言うし、言いたいこと言うけど、視聴者を不快にさせないんだよね。
インテリぶらないけど、ちゃんと考えて、自分の言葉でモノを言ってるし・・・私の大嫌いなワイドショーのコメンテーターとかときどきやってる、物書きモドキのあの人とは大違いだ。
ってゆーか、むしろこっちにTVの画面から消えてほしいのだけれども・・・。
愛姐さん、体調がすぐれないという説もあるから、心配だよね。

2007年03月03日

●ダース・ベイダー鎧兜

人形の吉徳が「ダース・ベイダー鎧兜」を発売だとか・・・。
価格は33万円。
・・・誰が買うんですか?
「端午の節句を迎える子供たちのほか、スター・ウォーズファンに向けても販売していく」ということだけれど、海外発売の予定はないそうだ。
何かが・・・何かが間違っている気がする・・・。
この勢いで「ふたりはプリキュア5段飾り雛人形」とか出たらどうしよう?
でも、タカラのジェニーとフレンドドール(ノーマルボディ仕様)とか、セキグチのご当地モンチッチとかによるによる雛人形段飾りなら欲しいかも。

2007年03月02日

●未練タラタラ

別れた殿方に未練はないが、殿方に貸したまま別れてしまい、返ってこなかったCDには未練があります。
BOOWYの「BEAT EMOTION」・・・しかも10枚組のやつ。
くそー・・・心残りはBOOWYばかり。

2007年03月01日

●早乙女姉妹の宣戦布告

「早乙女妹の明日香さんて、クレヨンしんちゃんのシロに似ているわね」
美麗さんが言いました。
「あら、姉の今日子さんだってシロに似てるわよ」
私が言いました。
そんな早乙女姉妹に言われました。
「あなたたち姉妹にだけは負けない」
宣戦布告のようです。
私たち、お口が過ぎたかしら?