« かれんと速水さん | メイン | ドッペルゲンガー探偵局 »

2007年02月25日

●航行バトン

綾乃さんとこから回ってきましたよ。
「高校生に戻りたいバトン」だそうです。
戻りたいかなぁ・・・うん、ある意味、戻りたいと思うところもあります。
それではいってみよう。
「16歳~18歳、何してた?」
高校に通っていました。
出席日数が大学へ推薦規定ギリギリで、職員会議で問題にされたと、後に先生に言われたなぁ。
「高校は、ブレザー?セーラー服?」
ブレザーだったね。
大学んときに、学祭のイベントで着たんだけど、その後、その制服がなぜか行方不明に・・・
「スカートは、短い?長い?」
短くしてて怒られた。
夏服んときに、生徒指導の先生んとこに出頭を命じられて、その場で制服没収されるのがわかってたので、衣替えまで粘って出頭したよ。
「ルーズソックス履いたことがありますか?」
在学中は履かなかったな・・・写真の撮影で履いたのが初めてだよ。
「髪色は?茶?黒?他色?」
黒。
親にね「学校に籍のある間は学校のルールの中で生活するべきだ」って言われて、その言葉が妙に説得力があったから。
あ、ちなみにスカートは校則にスカートの長さの規定がなかったから、私の中ではアリだったのさ。
「化粧は?タバコは?お酒は?」
お化粧は興味がなかったね。
タバコは放送部だったからね、自分の中で「やっちゃいけないもの」だったね。
お酒は正月に御神酒程度。
「偏差値はどうでしたか?」
英語、数学が32とかで、日本史が65・・・なぜか国語だけが74という数字を叩き出し、「無意味な成績」だとか、「典型的私立文系アタマ」とか言われてた。
「学校は好きでしたか?学校の先生は好きでしたか?」
学校、大好きだったね・・・学校というより、松商学園っていう場所がね。
今でも大好き。
バカなこととか大好きな学校でね。
学校の先生もノリがイイの。
「バカなこと」は怒られるけど、「バカになること」は大歓迎してくれるし、生徒の目の高さまでしゃがんで話してくれる先生が多かったな。
松商に行ってほんと、よかったと、今でも思う。
「いじめてましたか?いじめられてましたか?」
どっちもなかったよ。
みんなのほほーんとしてたな・・・あんまし人間関係がギスギスした学校じゃなかったからね。
「呼び出しをくらったことはありますか?」
怖い意味でのお呼び出しは中学の入学式の日以来、ございまいせん。
甘酸っぱい意味でのお呼び出しは、人生経験で一度もございません。
「部活は何をしてましたか?」
放送部だよーん。
大学んときより、高校んときのがマトモな番組、作ってたなぁ。
「勉強はしてましたか?」
卒業後、進路指導の先生が「綾小路がこの学校の進学希望生徒の希望の星だ・・・あの成績でよく大学に現役で進学した」と褒めていたそうです。
ええ、「お前のこと褒めてたぞ」と、高校時代の担任に言われました・・・褒めてるのか?それは?
「授業中はどうしてましたか?」
睡眠、歓談、退席。
以上が、かれんの3大授業中の過ごし方。
「テストの点数は?」
毎年、春休みになると追試でした。
2年のときは「代数幾何と基礎解析、両方追試になったのは綾小路だけだ」と言われました。
3年のときは「進路が決まってるのに追試を受けるやつは綾小路が初めてだ」と言われました。
「学校、終わった後はどうしてましたか?」
部室へ直行。
「恋愛はしてましたか?年上?年下?」
1年のときは3年の先輩とおつきあいというのをしていたなぁ。
2、3年のときは同じ学年・・・学校は違ったけど。
「恋愛対象で、学校の先生を好きになったことはありますか?」
そんな少女漫画な展開を期待しようにも、対象年齢が高すぎて・・・。
「先生に誘われたことはありますか?」
あるよ・・・放送部の顧問の先生に「ナレーションの録音するから隣の部屋行くぞ」って。
防音効いてる部屋なのね。
で、怒られながら、半泣きでナレーション録り・・・みたいな。
艶っぽいのは全くないね。
「アルバイトはしてましたか?期間は?」
セブンイレブンで半年くらい。
3年の後半・・・入試終わってから、進学するまでの間。
「高校生のイメージは?」
星とか浜とか・・・
「いま、どんな気持ちですか?」
・・・そんなに怒るなよ・・・

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/468

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)