« 末っ子の彼氏 | メイン | カレーバトン »

2007年02月05日

●末っ子の彼氏お披露目会こぼれ話

先日、末っ子の彼氏お披露目会での、最も重要なエピソードを記しておくのを忘れていました。
ノンアルコールだった私と末っ子の彼氏以外の酔っ払いども、それぞれかなりひどかったんだけどね・・・
これから殿方と待ち合わせをしているという私に、どうでもついてくるとか大騒ぎする次女とか、愛しのダーリンがフンパツしてホテルのスィートをリザーブしてるというのに、酔いつぶれて歩けない末っ子とか、もうね、どうしようもないんだけどさ、キワメツケがMAYちゃん。
MAYちゃんってば、日本酒の入ってた器がほしいと言い出し、持って帰ると言い張ったのね。
ほっといたら、そのまんま手に持って帰りそうな勢いだったので、私と末っ子の彼氏とで、中を綺麗に拭いてあげて、バッグの奥底に隠させたわけですよ。
で、帰るとき・・・
千鳥足でトイレに行った次女、末っ子を会計しながら待っていたら、MAYちゃんが地べたに座り込む。
「ほら、MAYちゃん、こんなとこ座っちゃだめだよ」
立たせようとするけど、なんかうにゃうにゃ言いながら、バッグの中身を出し始めた。
目の前には店員さん・・・ヤバイ・・・確実にヤバイ・・・
慌てて、店員さんとMAYちゃんとの間に末っ子の彼氏が立ちはだかり、私は中身をバッグに放り込むが、酔っ払いパワーの予想外な動きとスピードには勝てず、日本酒の器がばーんと出てきちゃいました。
「お客様・・・そちらはお持ちいただくわけにはいかないので・・・」
私と末っ子の彼氏は平謝り。
その横で、当のMAYちゃんは「うへへ~」とか笑ってるわけですよ。
戻ってきた次女・・・店を予約したのは次女だった・・・は「もう私の名前で予約できない」と固まった。
窃盗はいけませんね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://curren.dw.land.to/mt-tb.cgi/452

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)